【書評】超人脈術 メンタリストDaiGo 人脈の質を高め、人生の質を上げよ  

どうも、だいちんぱんです。

今回は「超人脈術 メンタリストDaiGo」
の書評をしていきたいと思います。

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/05/22 03:52:16時点 楽天市場調べ-詳細)

本書では

  • 人脈に対する誤解を解消
  • 自分に合ったコミュニティの作り方
  • 科学的に正しい対話テクニック

を紹介しており、

だいちんぱん
最近なんだかマンネリ感が。成長している気がしない…
だいちんぱん
コミュ障で人と話すのが不安…人脈は大切だと思うけど作る自信がない

といった方の悩みを解決する、オススメの一冊になります。

スポンサードサーチ

五秒で読める忙しい人のための超要約

本書は、

「より良いコミュニティを作ることは自信を生み出し、自由を与えてくれる。価値ある人脈を構築し人生の価値も高めていこう」
という内容になっています。

本の概要

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/05/22 03:52:16時点 楽天市場調べ-詳細)

人脈を築くのに、無理に自分を変える必要はない。自分に適した方法で人脈を築き、人生をコントロールし、人生の価値を高めていこう!というのが本書の概要です。

第1章 人脈を停滞させる5つの誤解

第2章 あなたを幸福にする「ネットワーキング」とは?

第3章 「スーパーコネクター」とつながるテクニック

第4章 幸せをもたらす「3人の友達」の作り方

第5章 人間関係がストレスに変わる罠を見抜く

第6章 カリスマ的な魅力を手に入れる

という構成になっており、人脈が人生をより良いものにしてくれる。という考え方のもと、多種多様なテクニックを紹介しています。

本書の魅力

「人間関係」がテーマにも関わらず、研究をもとにした科学的に信頼性のある方法が紹介されているところが本書の魅力であると言えるでしょう。

また人脈作りだけにとどまらず、「自身の魅力を上げる方法」も解説しており、人間関係を築くという面と自身を高めていくという面の両方向からアプローチできるようになっているところも魅力的です

スポンサードサーチ

人脈術の影響力と誤解

コミュ障は人脈を広げることはできないのか

人脈は大切なのはわかっているけれど、自分はコミュ障だし。。。

そう思っている方に朗報です。実は科学的には内向的な人の方が対人関係において有利である。と言われています。

外向的な人、つまりコミュニケーションを取るのに積極的な人は押しが強く、自身がしゃべる時間が長くなりがち。反対に内向的な人は聞き手に回ることが多いと思います。

人間は話を聞いてもらうのが好きな生き物で、より多く話すと気分がよくなります。

内向的な人は「話を聞く」ということを提供しており、より好印象を与えることが出来るというわけです。

つまり、コミュ障でも、コミュニケーションのテクニックを知り、身に着けることが出来ればより有利に人脈を広げることが出来るというわけですね。

自分の価値観にあったものを試そう

世の中にはいろいろな人脈術があり、本書もその中の一冊です。人脈術を試そうと思った時、人脈を広げたいと思ったとき、一番大切なことは「自分の価値観にあっているか」です。

「自分を、本来の自分ではない誰かに変えようとして成功した人はいない。成功したのは、本来の自分になろうとした人だけだ」

とピータードラッカーが言うように、自分が直感的に「合わないな。」と思うことや、直感的にこの人とはやっていけなそうと思ったときはそれに従いましょう。

人付き合いに正解や確実な方法は存在しません。科学的に正しいとされる方法の中から、より自分に合う方法を選び実践すること。柔軟に対処することが大切です。

人間は近くにいる人の属性に近づいていく

デューク大学の研究ではセルフコントロール力が低い人が、自分よりセルフコントロール力が高い仲間と過ごすようになると、誘惑に打ち勝つ力が強くなることがわかっています。

このことからわかるのは、人間は自分が属するコミュニティによって幸せにも、不幸にもなるということです。

なので理想の姿があるのなら、理想に近い人と付き合うことが良いでしょう。

ただし、前述したようにあくまでも「価値観の合う、付き合っていて心地の良い人間関係」であることが重要です。下心はすぐにばれます。

心地よい人間関係×理想の人物=人生を幸福にするコミュニティ

ということを念頭に置きながら、人脈を作っていくことが、人脈の質を上げることになり、自身の成長にもつながることになります。

感想と気づき

属するコミュニティによって人生は左右される

人間は社会的生き物である。と当ブログでは執拗に書いている気がしますが今回も改めてそう思わされた次第であります。

より良い人脈がより良い自分へと導いてくれる。属するコミュニティによって生き方や成長具合、幸福度まで左右されてしまう。

人脈の力は人生を左右してしまうほどに強力なものだなあと、感じることが出来ました。

なので、どんな人と付き合うか、付き合わないか。という問題は、

人生をどうしたいか。どんな人物になりたいか。という視点からしっかりと見つめなおしていく必要があるなと思いましたし、だからこそ今ある人間関係を大切にしていきたいなと。

私は人付き合いがあまり得意ではないですが、理想の自分に近づくために、理想の人間関係を構築していきたいと思います。

幅広いコミュニケーションが大切

「影響力の武器」でも言われていましたが、人間は自分と似た者を好きになります。なので古くからの友人や現在「親友」と呼べるような間柄の人物は自分との共通点が多いと思います。

コミュニティを構築するうえでこのような強固な人間関係は重要です。

しかし、似た者同士ばかりでは、新しい発見や、創造性は身に着きません。多様性のあるコミュニティを構築することが大切になってきます。

社会人になると社内でのコミュニケーションが多くなりがちですが、思い切って社外とコミュニケーションをとってみたり、趣味の場でコミュニティを拡大させることで、人間関係に新しいアイデアや思考を取り入れることが出来ます。

これからは、社内では気の許せる友人と強固な絆を築き上げ、社外では幅広いコミュニティを持つことを目標に人脈を作っていきたい所です。

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は「超人脈術 メンタリストDaiGo」の書評記事でした。

人脈が人生を左右する。人はコミュニケーションを大切にする生き物で、より良いコミュニケーションがより良い自分を作っていくということを本書から学ぶ事が出来ました。

最後に。

ウォーレンバフェットは、新社会人へこんなアドバイスをしたことがあるそうです。

「尊敬できる人物のもとで働きなさい」

世界一の投資家であるウォーレンバフェットですらコミュニティを重視していることがわかります。

またこの言葉には

「尊敬できるの人物(尊敬できるコミュニティ)と一緒に働くことで、理想に近づくことができるよ」

という意味も含んでいるように感じます。

人間関係ってやつは複雑で、意識しなければなあなあになってしましがちです。

ですがキチンと整理し、理想を定め構築してあげることで、人生の質は大きく変わってきます。もし、あなたが人生を変えたい!と思っているのなら、本書を手に取り、人間関係について見直してみるのもよろしいのではないでしょうか。

私もこれを機に人間関係について見直し、質を高めるための方法を実践していきたいと思います。

それでは。

参考文献

コミュ障でも5分で増やせる超人脈術 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker
¥1,512 (2019/05/22 03:52:16時点 楽天市場調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です