カリフォルニア大学式トレーニング 4週間目 

スポンサードサーチ

おさらい カリフォルニア大学式トレーニングとは

カリフォルニア大学式トレーニング
【食事】
加工食品を食べない。炭水化物を取る前に運動する。
禁酒
【睡眠】
8時間睡眠
【運動】
朝1時間ストレッチ
週3回ずつの激しい運動と軽い運動
【メンタル】
瞑想1時間
毎日1時間30分の健康に関する学習

という「食事」「運動」「睡眠」「メンタル」の4つアプローチをかけ、根本から人生を改善させようぜ!
というもの。

メリットとして、集中力が向上し、柔軟性が上がり、体力的持久力が改善し、ストレスが減少する。という効果がありましたね。

で、私の実践方法はというと以下の通り設定していました。

実践メニュー
【運動メニュー】
寝起き:ストレッチ30分&激しい運動15分
お昼前:散歩(軽い運動)40分
寝る前:ストレッチ30分

【瞑想メニュー】
お昼後:30分
お風呂上がり:30分

【学習メニュー】
業務前:30分
業務後:30分

効果:半分終わって感じたのは、集中力の「早さ」の改善

半分以上終わったわけですが、ここに来て「集中力の改善」を感じております。集中力の質は「深さ」「長さ」「早さ」で分類できる!と過去の記事で述べていますが、その「早さ」つまり集中するまでの早さがかなり改善されてきたかなと。

前は作業前でもだらだらしてしまうことが多かったんですが、今をやると決めた直後にはPCに向き合い、集中することができるようになってきました。さすがにどこぞの兄貴よろしく「やると決めた時には終わっている」レベルではありませんが笑。

また、集中力の「早さ」は改善がみられるものの、長さに関してはそこまで変わってないかなーという印象ですね。。

確かにポモドーロテクニックを何サイクルも回せるようにはなったんですが、それは「深さ」の向上と、タイマーによる「早さ」の改善かなと。まあ、人間は長い集中が苦手なのでこれで良いといえば良いのかもしれませんが。

スポンサードサーチ

5週間目にどうするか

4周目の時にはヨガ外す!!って言ってたんですが、これやっぱり必要でした。しかし散歩も捨てがたいってことで、

  • ヨガ:30分
  • 散歩:30分

として取り入れたいなと。具体的には朝にストレッチとヨガを30分ずつ行い、お昼休みに散歩する。というスケジュールでいきたいと思います。


凡人による集中力改善オペレーション

集中力を鍛えることは最も汎用性の高いトレーニングである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です