ストレスは友達?考え方によって変わるストレスの不思議

悩み ストレス過多でやってられない。どうにかストレスを発散させたいけれど、ストレスって悪い事ばかりなの?

スポンサードサーチ

ストレスにはダークサイドとライトサイドが存在する

そもそもストレスには、良い面と悪い面が共存していると、ケリーマクゴナガルさんは主張していて、ストレスは悪いものだと考えがちではあるけれど、そうではないんだ、と。

ではそれぞれの面でどのような効果があるのでしょうか。

ダークサイドの効果

効果 まとめ
・肥満

・不眠

・不安になる

・うつ

・免疫力の低下

・心疾患

と、ストレスは身体を不調にしていきます。ストレスを感じると人間は不安になってしまい、その結果身体が不調になってしまう。

皆さんも経験があると思いますが、上司に悪い報告をしなければならない時や、毎日満員電車にすし詰めになった時。奥さんにお金の話をしなければならない時。激しくストレスを感じると、心臓がバクバクして呼吸が浅くなり、不安でどうしようもないのにイライラする。というようなパニック状態になってしまいます。

これは交換神経が活発化し、体が戦闘態勢になるためなのですが、ずっと戦闘態勢を維持できる人間は存在しないので身体にも心にも不調をきたしてしまいます。

こんなストレスに、良い効果なんて期待できるのか。

その内容をこれから書いていきたいと思います。

ライトサイドの知られざる効果とは

結論から言います。ストレスは強い原動力になります。

上記した、ストレスを受けた時の身体の反応を思い出してください。心臓がバクバクして呼吸が浅くなる。でしたね。これは見方によっては、行動を起こすための「準備」をしていると考えられませんか?

つまり、

・心臓がバクバクする→即座にリアクション出来る様に準備している

・呼吸が浅くなる→脳に酸素を多く供給している

というように。そもそもストレスを受けて交感神経が活発になるという事は体中にパワーを作り出し、即座にに行動できる状態だという事。これを原動力だと捉えても間違いではありませんし、そう考えるとむしろ、「ストレスは乗り越えるためにある」と捉えても問題ないと思います。

ケリーマクゴナガルさんのスピーチでは、

スピーチ 引用
普通ストレス反応では心拍数が増えて血管は収縮します。

~中略~

しかし、研究では参加者がストレス反応を有用なものと考えられるようになると血管はリラックスしたままだったのです。心臓は高鳴っていましたが心血管がこの状態ならずっと健康的な状態です。

この状態は実は喜びや、勇気を感じる時の状態にかなり似ています。

と主張しています。

なので、ストレス反応をポジティブに考えるだけで、チャレンジをしやすくなる。原動力になってくれる。と考えました。

ストレスは100%悪いものではない、良い面を見ていこう

上記のようにストレスは考え方で体への反応が変化する。ということを書いてみました。

ここからは、では、どのように良い面を見るか、ストレスへの考え方をポジティブにするにはどうするのか。という事を書いていきたいと思います。

それでは結論から。「ストレスとなるもの(与えてくる全ての対象、人、物)をレベルアップアイテムだと思い込む事。」

上記したように、ストレスは大きな原動力になり、チャレンジを促してくれるもの。であれば、ストレスを投げかけてくる物は自身の成長を促してくれるものだと考えてもいいのではないだろうかと考えます。

例えば、無理難題を押し付けてくる上司、無茶苦茶だし、絶対にできないかもしれません。出来ないことを押し付けられて意気消沈。ここで、考え方をリセット。

「こんな仕事量無茶苦茶だ、やっていられるか」→「これだけの仕事量をこなせば成長できるかもしれない」

こんな風にストレスは原動力に変わります。

だいちんぱん
かといっても、ストレスを受け続けたら体に悪いんじゃ?精神的にも疲れてしまうし、ずっとポジティブではいられないよ。。

これはその通りで、ずっとポジティブであり続ける事の出来る人間なんていません。いたらサイコパスだと思います。素直に怖い。(笑)

なので、僕はポジティブに考えるストレスと対策した方がいいストレスを区別するべきだと思っています。

二つのストレス
長い間続くようなストレス→逃げてOK、付き合ってても損するだけ。

短期的なストレス→乗り越えるべきもの、原動力に変えてチャレンジすべし。

というように長いストレスと短いストレスに区別して、それぞれに対応した対策を。そうすることで、これから長い付き合いになるであろうストレスといい関係を築いていけるのではないでしょうか。

スポンサードサーチ

まとめ ストレスを良い距離感を保って健康に過ごそう

今回はストレスについて記事にしてみました。ストレスってのは悪いものだと思いがちですが、良い面もあるので上手く利用していきましょう。特に良い面に関しては考え方で変わるので、落ち込むだけではなく、ポジティブに考えていくと、人生より良くなるかもですね。

それでは。

 

参考文献

今回の記事は以下のスピーチを参考に書きました。スピーチの内容はさることながら、スピーチの仕方も勉強になるので気になる方は参照してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です