川遊び歴20年!川遊びで得られる三つの事とは

どうも、だいちんぱんです。

突然ですが僕の実家は東京の田舎でして、渓流から僅か徒歩五分の所にあります。

そんな立地だったので、夏になると遊ぶのは「海」ではなく専ら「川」

今回は川遊び歴20年の僕が紹介する、川遊びで得られる三つの事を記事にしたいと思います。

今年の夏は猛暑の連続。各地で38度越えを連発してて体力を消耗している方も多いと思います。

この記事を見て、川遊びしてみよう!と思っていただければ幸いです。

川は涼しいし、静かだし、都会の喧騒から逃れたい人には本当におすすめですよ。

スポンサードサーチ

1.自然と本気で遊べる 子供に戻って夢中になろう

家から徒歩五分の川

川遊びの醍醐味、それは、自然を相手に本気で遊べる事。

川で泳ぐのもよし、飛び込みするのもよし、釣りをするのもよし(漁協組合の許可はとってね)

とにかく何をして遊んでも本気になれます。子供と遊んだり、友達と遊ぶならなおの事。

自然と遊ぶ時、そこにルールはありません。だからやる事はシンプルです。

周りにはデジタル機器もありませんし、気にすることも少ない。

なので遊ぶことに夢中になれます。没頭できるんです。夢中になって遊ぶ機会って大人になるとすごく少なくなってしまっていませんか?

川に来たら是非、子供の頃のように夢中で遊んでください。家族や友達と遊ぶ事に没頭してみてください。

実は自分もこの記事を書いている途中、たまらなくなって遊んできました。(笑)

だいちんぱん
川にいた誰よりもはしゃいじゃいました!(笑)

 

2.創造力のトレーニングになる 遊びを創り、自然と戯れる

川で遊ぶ事はとってもシンプルな上に、ルールもない。

遊ぶ道具もないし、あるのは自分の身体と、でっかい自然だけ。

自然とどう遊ぶか、何をしたら楽しいか。

遊びを考える事で、創造力を養う事が出来ます。自分でルールを作って、それに沿って遊ぶ、スマホやゲームでは出来ない体験です。

子供がいる方はもちろん、大人でも楽しいですよ。童心に帰るという感じで。

だいちんぱん
友達と遊びを作る経験は一生ものです。

スポンサードサーチ

3.友達や家族との団結が強くなる

川に限らない話かもしれませんが、大自然の中で遊んだ後は友達や家族との距離がグッと縮まったように感じるんです。

「大自然」という非日常。圧倒的な自然の前に、普段のしがらみや悩み等の憑き物が落ちたような気分になるからでしょうか。

そんな中で遊びを共有し、一緒に過ごす訳です。腹を割って話が出来たり、普段じゃ言えないような事を言えたり。

「日常」では出てこなかった一面を見る事が出来たり。

例えば

友達なら、「いつもはドジばっかりなのに、意外と頼れるとこあるんだなあ」

家族なら、「久々に夢中になって遊んだなあ。子供の気持ちを忘れていたかもしれない」

川で遊ぶ事は大事な人たちとの繋がりを深める絶好の機会なんです。

だいちんぱん
息子ができたら一緒に遊びたいなあ

最後に

僕は東京の田舎で育ったので、物心ついた時には川遊びをしていて、それが楽しくてしょうがありませんでした。

飛び込み、川登、釣り、石投げ、キャンプ、焚火、etc…

夏になるのが待ち遠しくて、待ち遠しくて。

大人になった今、振り返ってみると川遊びって自分の様々な部分を育ててくれたなあと思います。

皆さんにも川で遊ぶことの「楽しさ」や「メリット」を知ってほしくてこの記事を書いたのですが、少しは伝わりましたでしょうか。

最後に、僕が一番伝えたいこと。それは、

「川や山、自然の中で友達や家族と遊んだ記憶は一生の思い出になる」

ということ。皆さんも川で遊んだら沢山の思い出を作ってくださいね!

それでは。

この記事のまとめ
・川で遊ぶと夢中になれる、童心を思い出すなら川遊び

・遊びを考えることで考察力、創造力が育める

・家族・友達との繋がりを強化したいなら川がおすすめ

後日談
・ありがたいことにこの記事を悪友たちが見てくれたみたいで、連絡がきました!
覚えてくれていて嬉しかったなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です