書評 「1440分の使い方」 時間は有限!「今」を生きなきゃいつ生きるのさ 

突然ですが、あなたは今日、どんな一日を過ごしましたか?

やらなければならない事はわかっているのに、メールや電話連絡、雑事務に追われ勤務は終了。

勤務が終われば飲み会に連行され、上司の武勇伝を聞かされ、気付けば終電。

頭の中では今日はこの仕事を終わらせよう、今日は帰ったらあれしよう。

結局出来ずにため息ばかり、そして最後には「まあ、時間がなかったから仕方ないかあ」

スポンサードサーチ

この本の概要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です