毎週登山してわかった3つの意外なメリットとは?

自然と触れ合うのはいい!みたいな話が結構あって、最近は毎週登山するのがマイブーム。

パレオな男こと鈴木祐さんの「最高の体調」(評リンク)でも自然触れ合うことを推奨しているんですよね。

そんなこんなで1か月間週1回のペースで登山してみたところ意外な効果を感じられたので今回はその紹介です。

スポンサードサーチ

登山で得られる3つのメリット

メリット1 時間が良い意味で長く感じられる

年を取るごとに時間の感覚が短くなっていって、気付けばもう一年たったか…なんてこともありがちですが、週一登山をした結果、1週間がものすごく長く感じれるようになりました。

もちろん良い意味で、です。

自然の雄大さがそうさせるのか、登山がそうさせるのかは不明ですが、あっという間に時間が経ってしまうことが極端に減ったように感じています。このおかげで時間を無駄に過ごすことがかなり減りましたので、「最近時間が経つの早いな~」なんて感じてしまいがちの方は登山してみてもいいかもしれませんね。

メリット2 外交的になれる

個人的に一番意外だったのがこれですね。コミュ障なので、普段すれ違う人に挨拶なんてする方が珍しいんですが山に入るとすれ違う人たちにバンバン声かけれるようになって焦りました。

同じ目的を持って行動しているとわかっているせいか、話しかけることに対してのハードルが下がるんですよね。そのため気さくに他人に話しかけたり話しかけられたり…

意外と話しかけてみると皆さん普通に返事してくれますし、これは私だけに起きている効果じゃないんだなーと。

狩猟採集社会でもコミュニケーションスキルは必須だったはずですし、木々に囲まれていると本能的にコミュニケーション能力が高まるのかもですね。

メリット3 マインドフルネスに入りやすくなる

登山て当たり前ですけど、一歩で山頂までいけないんですよ。近道はあるかもしれないけどそれなりに体力を消耗します。一歩一歩、少しづづ進んでいかなければなりませんよね。

また、平地を歩くのと違い、常に傾斜の付いた道を歩かねばならないですし、道も凹凸がかなりあります。そのため必然的に足元に集中することを求められるんですよね。下りは特に。

歩くことなんて普段は意識もしない方が多いと思いますが登山をすると、

「ここは根っこが危ないからとなりの石に足を運ぼう…」

「そこの土はぬかるんでいるからこっちに着地しよう」

みたいな感じで歩くことに集中するようになるんです。

不思議なことにこの現象、下山しても1週間くらい(私の体感です)この状態が続いてくれるんですよね。なので1週間感覚で登山しておくと常時集中レベルが向上しますんで継続すると色々集中できて結構いいんじゃないかなーと。

まとめ

登山の意外なメリットについて書いてみました。上記以外にも肺機能の向上になったりしますし、登山メリットは凄まじいなーと感じています。

身一つで出来るアクティビティですし、コスパもかなりいいんじゃないかなーと思います。

書いてたら登山行きたくなってきた…

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です